banner

パートナー意識が重要

新しく会社設立をするときはパートナー意識が重要

特に、最近の企業経営では、新しく会社設立するときに、相手先となる企業パートナーを選ぶことが、何よりも大事になります。
なぜなら、一社単独で企業を立ち上げても、持てる力には限度があり、また得意分野不得意分野などもあり、すべてを一社で切り盛り

することが難しい時代だからです。
証拠と言っては何ですが、現代ビジネスでは企業の合併や統合、提携などがあらゆる分野で起こっています。また、経営者も一社の枠にとどまらず、広い範囲で活躍する人も出ています。これらは、現代ビジネスの難しさと同時に、あり方を示しているものと理解して差し支えないはずです。

ですから、新規に会社設立するときはパートナーを選び、連携することが不可欠のこととなります。連携の仕方は様々でしょう。たとえば相互の顧客は会社設立と同時に倍近くなることになります。

逆に、得意な顧客と不得意な顧客をお互いにカバーすることとなります。商品についても、お互いに得意なもの不得意なものがあれば、不得意を相手に譲るということも可能でしょう。あるいは、お互いの商品をコラボさせるとか、結合によって新商品を生み出すとかもあるはずです。商品開発においても、特許戦略に置いても同じようなことが言えるのではないでしょうか。

こうしたことはいいことづくめのようですが、実は注意しなければならないこともあります。
会社設立直後はともかく、事業規模が大きくなると、パートナーは一社に限定されないということです。あの分野では貴社と提携するが別の分野では別の企業と提携する。その提携先同士はコンペチタ―であるというような複雑な図式も起こります。

また、会社設立直後は、蜜のような連携が続いていたとしても、時が経つにつれて、自分の会社可愛さのあまり、相手の会社への配慮を怠り、自分の会社に有利な取引に心を奪われるというようなことも起こりがちです。

こうしたことに対応するにはどうしたらいいかですが、まず第一が、自分の会社の設立理念や会社方針をしっかりと腑に落としておくことです。これができていれば、目先のこと心を奪われて自失してしまうことはないからです。

もう一つが、パートナーとの関係の基調に「WIN-WIN」を置いておくことです。「勝ー勝」と訳せますが、それですと、味も素っ気もありません。「ハッピーとハッピー」の方が分かりやすいでしょう。相手を利用して、自分が得をするということでなく、お互いが連携によってお互いにハッピーになるという、両社のパピーを念頭に置くということです。
この考えを貫ぬけば、本当の連携、本当のパートナーになれるからです。

Copyright(c) 2016 株式会社設立をはじめる時に知っておくべき豆知識 All Rights Reserved.